スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ルノワール+ルノワール展」。

・「描く対象に愛情があってそういうところがいい」みたいなことを誰か書いてるのを見て、ああそれもいいかもと途端に好きになり、なんだか近所のおじいちゃんの描く絵を見に行く孫の様な気持ちになり、いそいそとルノワール+ルノワール展に行ってみたりした。よかった。

アリーヌ・シャリゴの肖像》1885年頃(フィラデルフィア美術館
ガブリエルとジャン》1895-1896年(オランジュリー美術館)
座る娘(エレーヌ・ベロン)》(1909年頃)(オルセー美術館)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

sumiret

Author:sumiret
このブログはただの私のメモですが、
たまには誰かが共感してくれたらうれしいかも。

管理が今ひとつ出来ない為、只今コメント受け付けてません。何かあればメールにてよろしくお願いします。

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。