スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイルド・スポンサーシップ。

去年暮れから、うちの旦那さまが、
チャイルド・スポンサーシップ(たまに、電車や雑誌の広告にスポンサーになりませんか?と、子供の顔が大きく載ってるアレです。)のスポンサーになってました。

ケニアの4歳の女の子の写真が送られてきました。

スポンサーになることは、その女の子のあしながおじさん的な存在になることなのかと思ってたけど、
一緒に送られてきた資料を読んだら、(大きく言えばそうと言えますが)ちょっと違いました。

チャイルド・スポンサーシップのスポンサーになるということは、
ワールド・ビジョンという組織が世界各地で行っている、
貧困対策の為の長期(15年位)開発プロジェクトを支援するということ、らしいです。

毎月払う支援金(一か月4500円です。余裕があるならまだしも、一昨年より収入が減り、扶養家族を抱え、ローンが65歳まであるサラリーマンの立場でえらいもんです。20年近く同じ服をいつも着て、カバンはいつもお下がりなのにえらいもんです。)は、
直接女の子本人に渡されるのではなく、住んでいる地域の水資源の確保やエイズ予防の為に使われるらしいです。

その女の子は地域の代表としてスポンサーに接し、実際に会ったり文通したりするらしいです。
(写真に添えられた文によると、女の子本人は現在幼稚園に通い、ブランコが好きで両親と一緒に住んでるらしいです。
両親も無く学校も通えない子供を勝手に想像していたのだけれど、そんな大変な立場なら地域代表として接する余裕も無いのかもしれない。)

支援期間は、開発プロジェクトが終わるまでとのことです。(今回の場合2023年までらしい。計算したら80万円近くなります。)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

プロフィール

sumiret

Author:sumiret
このブログはただの私のメモですが、
たまには誰かが共感してくれたらうれしいかも。

管理が今ひとつ出来ない為、只今コメント受け付けてません。何かあればメールにてよろしくお願いします。

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。