スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜トリエンナーレ2008その1。

横浜トリエンナーレ2008の色々ある会場のうち、新港ピア、日本郵船海岸通倉庫、運河パークに行った。
メモ。
・藤本壮介さんの模型を見た。前に見た別の作品で木は家の上にのってたのに、今回展示してあった模型は木と家が渾然一体になってた。

・会場内を歩いてたら、のびアニキがのび太の格好そのままで、パフォーマンスやる為に自転車のりつけてきた。
ホームページみたら「ドジをコミュニケーションツールとすることで、コンプレックスをポジティブな力に変える」と書いてあった。

・スティーブン・プリナの作品
スピーカーを、かなり離れた違う壁面にそれぞれ設置してある。一つからは声、もう一つからは楽器が聞える。すごい音のいいスピーカーだったのか、
島状に置かれた背もたれのないソファーに座り聞いてると、その場で歌って演奏してる様に聞える。
そんなはずはないと、一つのスピーカーをじっと見て、そこから聞えてることに納得するけど、
一つのスピーカーを見ながら同時に、もう一方のスピーカーを見れない為、スピーカーからの音にあわせて、誰かが歌って(演奏して)る様に思える。
しかしそっちを見るとスピーカーしかない。常に見えない誰かが背後に隠れてる様な感覚になった。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

sumiret

Author:sumiret
このブログはただの私のメモですが、
たまには誰かが共感してくれたらうれしいかも。

管理が今ひとつ出来ない為、只今コメント受け付けてません。何かあればメールにてよろしくお願いします。

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。