スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

装飾という表面それ自体が実体

新建築10月の青木淳さんの「絶対装飾」、面白いよと教えてもらった。(ありがと。いわれないと読まないので感謝です・・・)すごく面白かったです。

(抜粋)
「装飾」は、それを包み隠している実体と対価である。装飾という表面それ自体が
実体であって、それらを取り去ったものが実体ではないのである。


・・・
桂離宮、前にみに行きました。http://www.ton.scphys.kyoto-u.ac.jp/~yamazaki/Katsura/katsura.html
その時、
散りばめられた気の利いたしかけ(これを多分装飾といっていいと思います)
に感嘆させられました。
それらをみてると、その背後のつくった(デザインした)ヒトをしらないのに、
そのヒトに会ったかのように、もてなしてもらったかのような気にもなりました。

・・・・
そのしかけ自体に実体がある、といってもいい気がしました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

sumiret

Author:sumiret
このブログはただの私のメモですが、
たまには誰かが共感してくれたらうれしいかも。

管理が今ひとつ出来ない為、只今コメント受け付けてません。何かあればメールにてよろしくお願いします。

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。