スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅ればせながら、かもめ食堂。

この前、試験終わりました。試験当日、日建に寄って、エスキース提出&先生と飲み会に突入。その時に一応自分の答案をみてもらったら、まあいいんじゃないか、とのこと。但し、
その場にいた受験生皆に、そう言ってくれる(←今更落ち込ませてもしょうがないし・・)&去年、受かったと思ってた人が落ちてたり、落ちたと思ってた人が受かったりしてるらしいので、ホント合否は発表当日まで謎らしい。私もこの最悪の体調で、できるだけのことはしたのでホント悔い無いかも。
(しばらく寝込んでましたが)今日から日常に復活しました・・・しばらく書き込んで無かったですけど、どうぞよろしく・・・

ということで、まずこの散らかった家を掃除すべきと思いつつ、周囲でやけに観てる人が多い「かもめ食堂」観ました。
kamome感想。(↓ちょっと妄想はいってます・・・すいません・・)

思えば、何かを信じて頼って生きてるかも。
思えば、その何かそれ自体って、絶対的安定した存在ではなくて、ある日突然崩れ去ってしまったりと、こんなに信じて頼ってるわりには、非常に頼りない存在かも。
そんな頼りない不安な舟と知りつつ、それでも、生まれて生きてるからには、信じる意志を持って、一人自分の舟をこぎます。
「かもめ食堂」、そんな舟の存在を描いてた気がしました。で、更に、暗い海の向こうに他の舟の灯りをポツリポツリと垣間見せてます。ああ、向こうでも誰かこいでるなと・・・、少しのあたたかさを懐に、また一人先に進んでました。

ところで、舞台はフィンランド。イッタラのORIGOティーマKartio ハイボールアルヴァ・アアルトの椅子等々が登場してました。愚かしくも素晴らしい日常を太く支える、ホント、イイヤツらでした・・・

つけたし。
空間は、
スモーキーな青の腰壁。通りに面して大きなガラス面、細長い店内の一番奥には高窓。奥のキッチン部分には光がさしこんでる。客席部分は暗めに。表の通りが明るく見える。ピカピカのステンレスのオープンキッチン。鍋その他もホントピカピカのステンレス。白めの食器。白木のテーブル&チェア。プリントの服。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

sumiret

Author:sumiret
このブログはただの私のメモですが、
たまには誰かが共感してくれたらうれしいかも。

管理が今ひとつ出来ない為、只今コメント受け付けてません。何かあればメールにてよろしくお願いします。

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。