スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ご報告」

9日の夜、突然母親から、自宅で急に父が息してなくて今、救急車という電話がありました。
病院に急いで行くと、父が寝てました。瞳孔が開いてめが乾いてます。
心肺蘇生で脈はありましたが、じきにそれも弱くなって10時前にはとうとう止まってしまいました。

救急車で運ばれて24時間以内になくなると、原因は警察を通じて分かるらしく、夜中の3時まで霊安室で警察を待ちました。
翌10日昼12時は、検察医の方がきて、そこで肺癌が原因といわれました。
11日お通や、12日お葬式、手配や連絡ですごく忙しくしてたら、
もう15日です。
今、父の友達会社の人宛の大量の喪中ハガキは、急がないと、と打ってます。


白血病を発病して15年です。
インターフェロンという副作用の厳しい注射を使って10年近く頑張っていたものの、
6年前に脳梗塞になり、
半年以上意識不明で、痙攣うなされてました。
ようやく意識が戻ったものの、半身不随で立てず座れず寝返りも難しくなりました。
数年後、リハビリでどうにか車椅子に座れるようになりましたが、
それもつかの間、肺癌を発病しました。

薬や放射線が効いたりきかなかったりと繰り返し、
最近は脳にも転移がありました。
ごく最近は、そんな状況の中、とてもやせて、
寝返りもうてずあまり食べられず、息をするのも苦しそうでした。

でも数々の危機を乗り越えてたので、
私は、それでもずっと父は大丈夫なんだと思ってました。
こんな日が来るなんて全く思いつきもしませんでした。

最後の最後まで本当に本当によく頑張ったと思います。
ものすごく苦しかろうに、絶対に生きようと頑張りました。

肉体が無くなってしまったのでもう父はいません。
肉体が無いと生きれないもんだとしみじみしました。

この先いいことなくても、泣き言いわずに私も頑張ろうと思います。

コメント書きづらいと思うので、はずしときます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

sumiret

Author:sumiret
このブログはただの私のメモですが、
たまには誰かが共感してくれたらうれしいかも。

管理が今ひとつ出来ない為、只今コメント受け付けてません。何かあればメールにてよろしくお願いします。

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。