スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「君の身体を変換してみよ」展。

オペラシティのNTTインターコミュニケーション・センターにて開催の君の身体を変換してみよ」展に行った。(8月31日まで)
面白かった。

展示作品(一部)
・「ミクロ職人修行」
(手元を見ずに、60倍に拡大されたペン先の映像を見ながらシャープペンで極小の文字を書く。
書き終わった後、自分の手元を見てはじめて、思ってたよりもはるかに小さな文字を書いていたことに気づく。
こんなことになるのは、通常手で何かをしている時は同時に目も使っている。その目の能力が拡大することで高められた為&細かいものを判別する時は実は目よりも指先の感覚の方が繊細に対応できる為。)

・ 「翔べ!小さな自分」
(そこに立つと、人形位の自分のシルエットが目の前に見える。手を鳥の様に羽ばたかせると、そのシルエットも同様に手を羽ばたかせ、飛びあがっていく。自分が飛び上がったように思える。)

・「点にんげん 線にんげん」
(体にセンサーをつけると、目の前の巨大スクリーンに自分が複数の点や線のみになって映る。自分が動くとそれらも動く。
ただの動く線と点の集合が人の様に見える理由は、複数の点をひとまとまりに見ようとするから&見慣れた生物の形や動きを記憶してるから。)

・「伸びる腕」
(実際に手は、穴の中の牛乳パックをつかむのだが、目は、自分の腕は2倍位伸びてはるか遠くの牛乳パックをつかむ映像を見る。遠くの牛乳パックを触ったような触らなかったような感覚になる。
それは、通常目と皮膚から伝わる情報を組み合わせて、自分の身体の位置(この場合は手)を把握してるが、その情報を操作することでうまれる感覚。)


後、年間やってる「オープン・スペース 2008」も面白かった。

展示作品(一部)
・「invertone」 (2007年)カールステン・ニコライ
(音の反響を吸収する無響室にて、向かい合わせの2本のスピーカーから逆位相の波形の音が出ている。お互いの音が打ち消しあう地点が中間に存在する。)
真ん中付近に立ってると、右耳のみで聞こえてた音が突然左耳のみに切り替わった。


(どうでもいい話しですが…同ビル内にあるファミレス「CASA」の入り口付近にあるショーケースにてホールケーキを置く大皿として、アラビア(ARABIA Finland)のバレンシアValenciaを使ってるのを発見。手書きゆえ描く職人不足で人気あるのに現在廃番。)
スポンサーサイト

金沢21世紀美術館 「ロン・ミュエック」展。

金沢21世紀美術館にて 「ロン・ミュエック」展行った。(8月31日まで)

展示作品
・マスクⅡ(2001-2002年)77×118×85cm(目をとじた男の人の横顔のみ)
・舟の中の男(2002年)figure75cm boat421.6×139.7×122cm(舟に小さな裸の中年男性が座っている)
・マスクⅢ(2005年)155×132×113cm(目を閉じた黒人女性の正面からの顔のみ)
・イン・ベッド(2005年-2006年)162×650×395cm(巨大な中年女性がベッドの中で上半身のみ起きている)
・野生的な男(2005年)285×162×108cm(巨大な裸の男性)
・ガール(2006-2007年)110×502×134.5cm(巨大な新生児)
・寄り添う恋人たち(2005年)14×65×35cm(下着姿の小さな男女が横たわっている)

ロン・ミュエックRon Mueckとてもよかった。人間がそこにいる気がする。

・素材はファイバーグラスやシリコン。
・縮尺はそれぞれの作品で異なる。
・皮膚や爪が本物にしか見えない。
・一つの作品中で全てのパーツが同じ縮尺という訳でない。
・実存する誰かを見てそっくりに再現してるのではなく、色々な資料を集めそこから想像で組み上げていくらしい。

風力発電所。

北陸本線乗ってたら風力発電が見えた。
石動駅で下車。タクシー2300円位で稲葉山風力発電所に行く。
風力発電03
プロペラの先までで高さ87mあるらしい。比較するものが無くてよくわからなかった。
風力発電02

キハ52-125。まくわ瓜。

大糸線にてキハ52-125に乗る。
国鉄キハ20系

糸魚川の露店にてまくわ瓜買う。
まくわ瓜
これがまくわ瓜か。プリンスメロンみたいな味で思ってたよりメロンぽかった。
後でしらべたら、他にも色々種類があるらしい。プリンスメロンはまくわ瓜と西洋のメロンをかけあわせたものらしい。

まつもと市民芸術館。谷村美術館。

まつもと市民芸術館
まつもと市民芸術館

谷村美術館
谷村美術館01
谷村美術館02
谷村美術館03

茅野にて 神長官守矢史料館。高過庵。

茅野にて藤森先生の建築を見た。
神長官守矢史料館。
神長官守矢史料館01
神長官守矢史料館02
神長官守矢史料館03

高過庵。
高過庵01
高過庵02

(街中にて見た。調べたが何を意味するか分からず)
茅野 街中にて

せっかくなので駅から何十分か歩いて街を見ながら行ってみた。あちこちの神社に丸太柱が立ててあった。道祖神多し。

青春18きっぷ。「元気甲斐」弁当。

青春18きっぷ(一日乗り放題の切符5枚綴りで11,500円。一枚2300円)のシーズン(9月10日まで)なので、先週各地を転々とした。
東北行くつもりで家を出たのに下車したのは、
茅野(藤森先生の建築見る)・松本(まつもと市民芸術館見る)・白馬・糸魚川(谷村美術館見る)・石動(風力発電を見る)・金沢(金沢21世紀美術館見る)・粟津(温泉入る)。
帰りは12時間位電車に乗ったら粟津(金沢の先)から一気に帰れた。(ルートは→金沢→富山→直江津→長野→松本→大月→)

・今回4度目(毎度売切だった。販売は甲府・茅野・小淵沢とか)にして「元気甲斐」弁当(1300円)買えた。
元気甲斐
包紙のイラストは安西水丸さん。経木折詰の二段重ね。 
上段は京都「菊乃井」
(胡桃御飯、蓮根の金平、山女の甲州煮、蕗と椎茸と人参の旨煮、蒟蒻の味噌煮、 カリフラワーのレモン酢漬、ぜんまいと揚げのごまあえ、セロリの粕漬)
下段は東京「吉左右」
( 栗としめじのおこわ(銀杏・蓮根入り)、アスパラの豚肉巻、鶏の柚子味噌あえ、わかさぎの南蛮漬、山牛蒡の味噌漬、沢庵)

チクテカフェ。

・行ってみたかった下北沢のチクテカフェに行く。
パンにとてもこだわっていておいしかった。

お取り寄せできると聞き、早速調べると、
作っているチクテベーカリーはウチのすぐ近所でした。取り寄せどころかちょっとそこまで圏内です。

よかったら今度買って持ってきます…

ミウラ折り。

今日ずっと、諸事情により、捨てる時状態に紙を丸めてた。

超無造作なものがゴロゴロできあがる訳だけど、
・一見適当に丸められたその形にも規則性があるらしい。
・物体が変形する時、それにとって一番エネルギーが少ない形になるらしい。
・その時にできた折り目をパターン化したのがミウラ折り

面白いので、帰宅後(晩御飯もつくらず)早速ミウラ折りを自分でも作ってみた。上が丸めて開いたもの。下がミウラ折り。
丸めて開いた紙
ミウラ折り
適当に丸めただけなのに確かにミウラ折りになってた。

グーグルのストリートビュー。

最近メモ。
・グーグルのストリートビュー、うちまでは網羅してないよねと思いつつ一応見たら、ものすごく写ってた。
面白いので実家も見たら、ちょうど(多分)弟がコンビニの袋を持って家に入る直前がうつってた。
http://maps.google.co.jp/

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

sumiret

Author:sumiret
このブログはただの私のメモですが、
たまには誰かが共感してくれたらうれしいかも。

管理が今ひとつ出来ない為、只今コメント受け付けてません。何かあればメールにてよろしくお願いします。

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。