スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アーティスト・ファイル 2008―現代の作家たち」さわひらき。

・さっきオークション(最近家のもの色々売ってる。一眼レフ購入資金つくってる為。)ぼんやりみてたら、さわひらきさんの作品画像が印刷されたチケットがあって驚愕。
慌てて調べたら、国立新美術館開催中のアーティスト・ファイル 2008―現代の作家たち Artist File 2008 - The NACT Annual Show of Contemporary Artに出展してた。

横浜トリエンナーレ以来、また見たかった。5月6日(火)までやってる。火曜日休館。
スポンサーサイト

花見。「非現実の王国でヘンリー・ダーガーの謎」。カリモク60。

最近メモ。
・2週間位前から左腕が痛い。
・花見する。
腕が痛いし軽いほうがいいと、山で使ってる小さなコンロを押入れの奥からひっぱり出してみた。花見でお茶などいれてみたら楽しかった。持ち歩きたくなった。

渋谷行ったついでに「非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎」IN THE REALMS OF THE UNREAL : THE MYSTERY OF HENRY DARGER をみる。
疲れてたのと知ってる話が多すぎてつい寝てしまった。

カリモク60Kチェアに座る。座面が薄すぎる気がする。

昼顔。


「ゴス展」。倉俣史朗「ピアチェーレ」。

昨日メモ。
ゴス展行く。
肉体に自己の闘いを刻む。

・その後待ち合わせで秋葉原。秋葉原といえば倉俣史朗のカフェピアチェーレPiacere!はやめに行って探す。中央通にあるはずとうろうろしたけど、店がはいってるヤマギワソフト館のビルが見つからず。
家に帰ってから調べたら、今はソフマップ秋葉原パソコン総合館らしい。ミスドの隣にあったけど見事に通り過ぎた!ピアチェーレの店舗位置は中央通に面してないらしく、結局ひとかけらも見てない。失敗した失敗した…ものすごくがっかり。
現在どうなってるのか不明。(2004年火事以降家具もおきっぱなしの閉鎖状態だったらしい。2006年にはストリート系の洋服やさんになったらしい。誰かがその店の画像載せてたけどピアチェーレの時と多分同じ壁な気がする。家具は写ってなかった。)

七里ヶ浜プロジェクト。

昨日メモ。
千葉学さんの「七里ケ浜プロジェクト」住居部分13戸のオープンハウスを見に行く。

住居の多くは玄関あけたら下駄箱がある位置付近にキッチン、でした。(面白い内部だったんだけど見ることにかまけ写真撮らず。)

たたきの部分にカウンターが向いてるので靴を履いたまま食事可能。(建物の目の前がホント海で泳げるトコロなので「ボードをやるだんなさんが昼を食べに帰って来て、奥さんがもうボードばかりしないで働いてください、とご飯つくりながら話す」ごっこして遊ぶ。)

他には玄関とお風呂トイレはつながってた。更にそのトイレは足元まで見える窓がつけられ、お風呂は室内と小窓でつながってた。
七里ヶ浜プロジェクト















・見終わった後、天気いいし、家も普通内向きのものが外向きで開放的だったので、私も雑になり、目の前の海で靴ぬいで波とたわむれる。

・その後、大桟橋に行って(富士山付近に日が沈んでた。この時期位にダイヤモンド富士も見れるらしい。)、中華街の「山東」で水餃子食べて、ザイムカフェココナッツチェアに座る。前も思ったけどまたいい椅子だと思った。
大桟橋から見た富士山














エットーレ・ソットサス展。

予定メモ。
エットーレ・ソットサス展だって。
3月19日~4月14日松屋銀座デザインギャラリー

桜咲く。

咲いた。すごい。
稚木の桜 開花

















「サラ・ジー展」「千住博展-ハルカナルアオイ」「天女(まごころ)像」。

今日メモ。
・銀座メゾン・エルメス「Sarah Szeサラ・ジー展」に行った。
その辺の日用品を重ねたり並べたりしてるのだけど、うまくて驚く。紙切れ一つ置くにしても的確且つ伸びやかな気がする。すごくよかったです。(5月11日まで。)
(ところでエルメス銀座にあるらしいと聞いてたカフェ、どこかなと思ってたら二階奥の奥にありました。のぞいたらガラスが光を受けて素晴らしいことになってそうでしたが、買物して無い身でそんな奥に入るの恐縮なので退散。)

・日本橋タカシマヤ「千住博展-ハルカナルアオイ」にも行ってみた。
蛍光塗料で描かれた滝の絵を8作、ブラックライトの中ぼんやり浮かんでるのを見る。
もっと展示空間に力入れればいいのにと思った。

・随分前に予約してやっと念願の空也最中、手に入れる。
(進物用15箱と自分用3箱。重い重い。見ようと思ってた日本橋三越の佐藤玄々作、巨大な木彫「天女(まごころ)像はまた後日にする。すごく残念。)
すごくいい匂いがするので期待したけど、家に帰って食べてみたらおいしいけどたねやのふくみ天平の方がいい位かも。明日皆様にお渡しします。失態…

「ルノワール+ルノワール展」。

・「描く対象に愛情があってそういうところがいい」みたいなことを誰か書いてるのを見て、ああそれもいいかもと途端に好きになり、なんだか近所のおじいちゃんの描く絵を見に行く孫の様な気持ちになり、いそいそとルノワール+ルノワール展に行ってみたりした。よかった。

アリーヌ・シャリゴの肖像》1885年頃(フィラデルフィア美術館
ガブリエルとジャン》1895-1896年(オランジュリー美術館)
座る娘(エレーヌ・ベロン)》(1909年頃)(オルセー美術館)

「非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎」。

メモ。
・ドキュメンタリー映画
非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎」IN THE REALMS OF THE UNREAL : THE MYSTERY OF HENRY DARGER
3月29日(土)~4月18日(金)11:15/13:15/15:15/17:15/19:15~20:55シネマライズ。4月19日(土)よりライズエックスにて公開。
日曜の最終回か4月1日なら1000円で見れる。

(関連
(関連

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

sumiret

Author:sumiret
このブログはただの私のメモですが、
たまには誰かが共感してくれたらうれしいかも。

管理が今ひとつ出来ない為、只今コメント受け付けてません。何かあればメールにてよろしくお願いします。

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。