スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若冲展。 キトラ古墳壁画。

急遽京都奈良へ行ってきた。新幹線代に泣いたけど見逃せなさすぎる・・

・6月3日まで
承天閣美術館
若冲展 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会
「釈迦三尊像」と「動植綵絵」33幅が一挙同室に並んでます。22日間だけの公開。所有者(相国寺・宮内庁)が違うので、こういう形での公開は二度と無いらしい。

・5月27日まで
キトラ古墳壁画「玄武」特別公開
保存の為禁公開だけど17日間だけ特別公開。

とりいそぎ日程書きとめ。後でメモをつけたす予定。
(以下つけたし)
メモ。
・「釈迦三尊像」「動植綵絵」配置かきとめ。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■釈迦三尊像■■■■■■■■■■■■ 
梅花小禽図牡丹小禽図老松白鳳図老松孔雀図芍薬群蝶図梅花皓月図
向日葵雄鶏図■■■■■■■■■■■■■■■■■南天雄鶏図
秋塘群雀図■■■■■■■■■■■■■■■■■■蓮池遊魚図
棕櫚雄鶏図■■■■■■■■■■■■■■■■■■老松白鶏図
雪中錦鶏図■■■■■■■■■■■■■■■■■■雪中鴛鴦図
芙蓉双鶏図■■■■■■■■■■■■■■■■■紫陽花双鶏図
梅花群鶴図■■■■■■■■■■■■■■■■■■老松鸚鵡図
芦雁図■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■芦鵞図
桃花小禽図■■■■■■■■■■■■■■■■■■薔薇小禽図
大鶏雌雄図■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■群鶏図
貝甲図■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■池辺群虫図
紅葉小禽図■■■■■■■■■■■■■■■■■■菊花流水図
群魚図(鯛)■■■■■■■■入口■■■■■■■■群魚図(蛸)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

進むにつれ、力強く伸びやかに艶やかに盛り上がり、釈迦三尊像に着くころにはstanding ovation。なりやまない拍手が聞こえる。

老松白鳳図老松白鳳図、天女だった、キューティーハニーと名づける。
南天雄鶏図、圧倒される赤と黒。
棕櫚雄鶏図の羽のなびき。
雪中鴛鴦図の平面的な枝にとまる立体的な鳥。
雪中錦鶏図の木にのぼってまさに枝をかき分けた瞬間のような覗く構図。
群鶏図の鶏の螺旋配置。
白がすごい白い。


・キトラ古墳メモ。
石室の大きさ 長さ2.4m×幅1m×高1.2m。
描かれた玄武の大きさ 縦15cm横25cm
誰のお墓かは諸説あり、滅亡した百済の王族の墓という説も。





スポンサーサイト

角型引掛シーリングを丸型にしたいだけ。

わからないメモ。
・さすがに元々付いてたバブル期っぽい照明に嫌気がし、交換しようと思い立つ。
新照明は、(今更だけどいいんだ)Tord Boontjeトード・ボーンチェの Garlandガーランド ゴールド(裸電球に花や葉が切り抜かれた金属製の蔓を巻きつけて使う照明。)ですよ・・・すごいかわいい。

イザ付け替えようと、今使ってるカバー状の照明をはずしたら、
天井に手のひらサイズの穴があいてて、角型引掛シーリングは宙にぶら下がっていた。
どうやら元々丸型引掛シーリングだったのを、なんらかの理由で付け替えたらしい。
角型に被う引掛シーリングカバーより穴は大きいので、元の丸型引掛シーリングに戻さなければいけない。

丸型引掛シーリングを買ってくる。
プロ対象商品らしく、説明書やパッケージ無し。ネットで調べれば、誰か取替え方法教えてくれてるだろうと思ったけど、どこにも探せず。
まわすネジさえ何処にも見当たらず。
丸型に取りかえられず。

天井に穴をあけたまま燃え尽きる・・・照明交換すらできないヨ・・・

PC少し直るとか。

最近メモ。
・PC、動いた。よかった。
最終的にはバックアップCD(5000円で購入)入れたら元どおりに。
すごく遠い道のりだった・・・
余ったハード2個はケースに入れてUSBメモリ風に使う予定。間違って買ったウィンドウズXPは売る予定。
後、焼いたCD見れない状態は、まだ直ってません。残念。まだまだ道は続く・・・

横須賀美術館。

最近。
横須賀美術館





















横須賀美術館に行く。
山本理顕さん設計。
・海岸線に面した場所。後ろは山。
・直方体のガラス(塩に強いらしい)の箱に繭状の白い展示室が入った形状。
・半分地下に埋まってる。屋上から後ろの山に出れる。で、そこから坂道を下ってまた一階に行く。
・建物前には広い芝生。その先は海岸線。
・白は真っ白。
・ガラスと白い壁の間は狭い。掃除できるぎりぎりの幅とのこと。600位かも。
・軒もガラス壁面も同じ面。屋根(ガラス)も同じ面。
・ところどころ穴とか吹き抜けとか、あきまくり。覗くと思わぬものが見れて、期待を裏切らない。吹き抜け付近は、腰壁が端ギリギリでガラス。床も薄い。
・最後にはじめて空だけ切り取られた(多分)。
・展示室のカドが丸くなっている。外見はちょっとモサっとしてる・・と思ったけど、中からみたら虜。カドに影がないと距離感がよく分からなくなるらしい。夜、空をみてると、どこまでいっても終わりがなさそうな、はてしない感じの白いバージョン。白いと、加えて抽象的な感じ。
・ご本人に遭遇。丁寧にいろいろ教えてくださる。すごくうれしい。
・すごく面白かった。

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

sumiret

Author:sumiret
このブログはただの私のメモですが、
たまには誰かが共感してくれたらうれしいかも。

管理が今ひとつ出来ない為、只今コメント受け付けてません。何かあればメールにてよろしくお願いします。

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。