スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オラファー・エリアソン 「影の光」展にて、美しい気配を追いかける。

Olafur ELIASSON昨日は、いまだにご指導を仰ぎに学校へ。

帰り、ここから品川まで電車で一本だと思い出し、急遽、原美術館 オラファー・エリアソン 「影の光」展(3/5まで。水曜は8時まで)へ。
(関連日記 ロンドンのテート・モダンでオラファー・エリアソン の"The Weather Project" )

あった作品は、(何かの参考になるかと材料も書いときます・・・)

1 2006年原美術館屋上で公開される常設作品の模型とドローイング
2 美(Beauty) (材料 フレネルランプ 水 パイプ ホース アルミニウム)
3 円を描く虹(Round rainbow)(アクリル HMIスポットライト)
4 影のランプ(Shadow lamp)(ステンレス 合成樹脂ボード モーター ハロゲンライト 三脚)
5 色彩の空間を包み込むもの(Colour space embracer)(カラーフィルター付シリンダー HMIスポットライト モーター 三脚 アイリス絞り)
6 カメラオブスキュラ(Camera odscura)(レンズ スクリーン)
7 カラースペクトルシリーズ(The colour spectrum series)
8 空間を包み込むもの(Your space embracer)(鏡 HMIスポットライト モーター 三脚 アイリス絞り)
9 四隅をさす光(Four corners light)(カラーフィルター付きガラス HMスポットライト 三脚)
10 単色の部屋と風が吹くコーナー(Room for one colour and Windy corner)(送風機 単周波ライト ラバースクリーン)

上記材料でできた装置を各部屋に設置、様々な現象発生。
(↑画像は2の美(Beauty))

感想
追いかけてきました。美しい気配でした。
スポンサーサイト

世界がどのようにみえるか? 色や質感のある数字の存在等。

Brain Man2先日NHK教育「地球ドラマチック・ブレインマン」を見た。脳の可能性について考える番組で、(映画レインマンで知られる)サヴァン症候群の能力を持つ方(彼の場合は、計算せずに数式の回答がわかる能力等)の特集。

その能力の持ち主は、自分の中でそれがどう展開しているか説明することが難しいことが多く、その世界を垣間見ることは難しいらしいですが、
稀なことにその方は説明できて、自分がみえる世界について語ってくれた。

Brain Man1その世界では、数字はそれぞれ個性のある色や形、質感のある存在らしいです。
1は輝いていて、6は見えないくらい小さくて、素数はすべすべしてるらしいです。
円周率はとても美しい風景らしいです。

数字がそんな風にみえるとは。
自分メモ

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

プロフィール

sumiret

Author:sumiret
このブログはただの私のメモですが、
たまには誰かが共感してくれたらうれしいかも。

管理が今ひとつ出来ない為、只今コメント受け付けてません。何かあればメールにてよろしくお願いします。

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。