スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ混沌。

今日の混沌。

建築まで、まだいきつかない・・・

要素1

自己確認。
どこまで自分か、を考えると、その時々によって違うのだけれど、
この肉体がないと自分自身が成立しないわけだから、
少なくとも身体までは自分だと思わなくてはいけないだろうと、私としては思う。
このちっともいうことをきかない身体までも、自分とすると、
自分の中にいうことをきかない自分を持つんだなと、今更ながら不自由に思う。

でも、どこかで、人間、もっと自由に存在できるのでは、とも思っている。
そんな束縛されなくてももっと自由に存在することができるところに、ヒトとしての
醍醐味も感じる。

でも、リアルの束縛からの自由って、そういうことなのか?
スポンサーサイト

今日も混沌。

今日も要素が混沌としてます。


要素7
その時、ぼんやりといろいろなことを回想してました。

で、「この前宙に浮かんだとき・・・」ということを頭が思い出し始めて、「風が強くて」とか「なかなか降りるのに苦労したな・・」とか「腕を(平泳ぎみたいに)かいて・・・」とか次々と思い出して、で、やっと、

・・・・オカシイ、浮かんだはずない!ということ気づきました。

そうでした。意識をはっきりさせて、よく考えると、それは、そういう夢をみた、のでした。

しかし、それは余りにリアルなもので、はっきりと、浮かんだ時の感覚も、風が切ったことも、手を一生懸命かいて地上に降りたことも、覚えているのでした。

あまりにリアルすぎて、記憶の分類としては、現実の体験と近いとこに振り分けられてて、その時、ぼんやりにしてたので、その振り分けてる区切りが多分よくわからなくなってました。

要素8
時々、逆もあります。たまに起きているにもかかわらず、一瞬、頭の中が切り替わって、そこで、夢の中みたいな非現実が展開します。

要素9
偏りすぎか?軌道修正。

例えば、突然、兄、分析。兄はなぜ私にないものを手に入れることができるのか。

・兄は父に好かれてました。多分、兄が父を信じているからだと思います。
兄は父の言いたいことを理解しているのでなく、父自体を信じています。
だから父は兄のことを好きなんだと思います。

・兄は、複雑なことは世の中に存在しないかのように考えないし、しません。でもその行動は、間違ってない気がします。

私には、兄みたいに、
たまたま通りかかった道端で死んでいた猫をきちんと埋めたりしないだろうし、
おじいちゃんが入院して、意識がなくなっているのをみても、おいおい泣いたりしないだろうし、
知り合いが新興宗教の勧誘しまくってても、その人にやめなよ、とか言わないところがあります。

行動がいつも自分止まりで、そういうところ、嫌いです。

↑バランス・・・

今日の混沌。

今日の私の要素。混沌としてます・・・建築に行きついてません・・・


要素1
昔よく山登ってました。数日ぶりに山から下りると、車とか、舗装された道路とか、久しぶりに多くの人工物を見ます。
で、更に歩き進むと、山の麓の小さい集落があって、段々大規模になって、

で、電車に乗って東京に向かうと、そこから見える風景は、もう集落というよりは、街、って感じになって、

疲れているので、爆睡するといつの間に東京に着いて、夜になってて、夢のように灯りのついたビルが立ち並んでいます。

家に着いて、久しぶりに屋根のある下で布団があって蛇口からお湯がでて、手も身体も洗えると、真剣に天国ってこんなかも・・・ぼんやり思ったりします・・。


要素2
この前、多摩の山のふもとに建築つくる案を、先生に話したら、
先生は「・・・話、きいてると、その建築、いつかは崩れてなくなってしまいそうに聞こえる」とおっしゃった。

そう話してます、確かに・・・

要素3
家が崩れてくのを感じたことあります。小学校のとき伊豆の山の中に住んでて、親の転勤で東京に来ました。それまで住んでた伊豆の家は別荘にしようと、そのままとっておきました。で、この維持が大変。ヒトが住んでしょっちゅう風をいれたり掃除しないと、とても家がすごく傷むんです。休みの度に大掃除と修理です。山の中だから、虫と草の猛攻がすごかった・・・結局高校生のとき、手放しました・・・。買ったヒトは住まないで取り壊したみたいです・・・

要素4
ものでもヒトでもあらゆるものに時間軸はあって、昨日と今日は全く同じではなくて・・・

要素5
ウチには虫はいないと思ってたんですが、先日、小さな虫の巣、発見しました。しばらく掃除しないで、家をほっておいたから、虫が進出してきたんだ・・・闘わなければ乗っ取られると、速攻殺しました。思えば、いつも自分が生きる為に他のものをいろいろ殺します。その感触は、妙に手に残ります。

「耳をすませば」の家が、ありました。

課題やろうと、多摩ニュータウンの団地の歴史しらべてたら、
「耳をすませば」の主人公の女の子の家が実在してました・・・
http://homepage2.nifty.com/nakaji/03_05/mimi3/mimi_3.htm


http://used.realestate.yahoo.co.jp/realestate_s?shiku=%c2%bf%cb%e0%bb%d4&place=%c5%ec%b5%fe&ken_id=13&shiku_id=13224&code_b=13&no=a3092604101atho

「競売物件を買ってみよう」のその後 ソニー株に

その後、その日本料理やさんは、老舗の有名店で、評判もかなりいい、というところまで調査しました。これはなかなかイイです。

が、なぜかふと株http://quote.yahoo.co.jp/q?s=6758.t&d=tに手を出してしまい、貧乏になりました。
ので、今回、競売http://www.athome.co.jp/kankou/参加は見送り。
ちょっとだけ残念。

カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

プロフィール

sumiret

Author:sumiret
このブログはただの私のメモですが、
たまには誰かが共感してくれたらうれしいかも。

管理が今ひとつ出来ない為、只今コメント受け付けてません。何かあればメールにてよろしくお願いします。

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。