スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰のものでもない、誰も気づいていない空間が建築に入り込む

この前、金沢の城下町周辺を歩いて面白かったこと。

どの建物も増改築がものすごく多いような気がした。
しかも直すとかそういう維持だけでなく、積極的な増改築が目立ちます。
例えば、明治時代のものと思える二階建てに、
(昭和初期に?)一部三階を付け足したり、それに最近つくられたと思える平屋とつなげられたりしてました。

増改築されている建物、
中に、意図した空間と同時に、その隙をぬって誰も意図していない空間が、
そっとどこかにつくられてる気がします。
誰のものでもない、誰も気づいていない空間がどこかにあるって、
なんか楽しい気がします。
スポンサーサイト

金沢21世紀美術館。

hiruyoru

←James Turrell Blue Planet Sky http://www.pbs.org/art21/artists/turrell/
http://www2.kanazawa21.jp/public/index.htm



先日金沢21世紀美術館にいった。開館記念展覧会『21世紀の出会いー共鳴、ここ・から』開催中でした。ものすごく面白かった。

作品覚書
ゲルダ・シュタイナー&ユルグ・レンツリンガー“ブレインフォレスト”"Brainforest"
オラファーエリアソンOlafur ELIASSON “反射的状況”"Antispective Situation"
レアンドロ・エルリッヒLeandro Erlich “レアンドロのプール”"Leandoro's Pool"
サラ・チラチSarah CIRACI “2012”

http://www.kanazawa21.jp/ja/index.html
http://www.kanazawa21.jp/opening_exhibition//51334908.html">Flogos。

日常放浪 駒場にて仰光寮

gyoukouryou01

仰光寮に寄った。

非常に痛んでました。



http://www.komaba.or.jp/gyoukouryou.html


gyoukouryou02









tokyo art museum。

sengawa先日、安藤忠雄さんの東京アートミュージアムに寄ってみた。面白かった。

感想
・建物のコンクリート壁が即、通りに面している。塀のボリュームというか、そこを通っても存在が意識されることなく、脇を過ぎてしまう。
・中に入ると、そこからはとても外が意識される。
所々にある開口部は、貴重な瞬間を映すフレームの様で、次々現れては消える外を通りすぎる人々や、瞬間瞬間差し込まれる光や空を感嘆と観てしまう。
・更にふと、外から影響を受けている自分と、外に影響を及ぼしていない自分との差に気づき、対外にはもしかすると自分は存在してないのか、と思えてきた。
・唐突だけど、石ころ帽子を思い出す。
・街の片隅に誰かがそっと置いていった石ころは、街の美術館としてとてもいい気がした。
(石ころ帽子・・・かぶっていると、道端の石ころの様にそこにいても誰も気にとめなくなる帽子。のび太はそれをかぶり、好きなことし放題の自由を満喫するけれど、やがてその帽子は小さめで脱げないことに気づく。孤独に泣き叫ぶのび太。で、確か汗とかでむれて石ころ帽子がはずれて解決という話。)(外のリアルがあってこそ充実する自由な内空間か)

装飾という表面それ自体が実体

新建築10月の青木淳さんの「絶対装飾」、面白いよと教えてもらった。(ありがと。いわれないと読まないので感謝です・・・)すごく面白かったです。

(抜粋)
「装飾」は、それを包み隠している実体と対価である。装飾という表面それ自体が
実体であって、それらを取り去ったものが実体ではないのである。


・・・
桂離宮、前にみに行きました。http://www.ton.scphys.kyoto-u.ac.jp/~yamazaki/Katsura/katsura.html
その時、
散りばめられた気の利いたしかけ(これを多分装飾といっていいと思います)
に感嘆させられました。
それらをみてると、その背後のつくった(デザインした)ヒトをしらないのに、
そのヒトに会ったかのように、もてなしてもらったかのような気にもなりました。

・・・・
そのしかけ自体に実体がある、といってもいい気がしました。

質そのものを具現化させる

http://www.artcyclopedia.com/artists/mondrian_piet.html
モンドリアン、物事の質そのものを描こうとしたって。

質そのものを具現化させる、それってどういうことか?と考え中。

カレンダー

02 | 2005/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

sumiret

Author:sumiret
このブログはただの私のメモですが、
たまには誰かが共感してくれたらうれしいかも。

管理が今ひとつ出来ない為、只今コメント受け付けてません。何かあればメールにてよろしくお願いします。

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。