スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニケーションを触媒する住宅

先日、TEPCO快適住宅コンテスト
提案部門 インターカレッジデザイン選手権の公開審査会 を見に行く。
(←http://www.kenchiku.co.jp/tepco_si/main_tepco_si.shtml

テーマは コミュニケーションを触媒する住宅

概要は、

 ・社会が豊かになると子供部屋でき、やがて一人部屋化。挙げ句はテレビや電話(やがてビデオ・ゲーム機・PC)が個室に置かれ、家族は共通前提を失う。

 ・ 自然発生的由来の「まち」と異なり、政策的目的により計画的に創出されたニュータウンでは、子供たちが公園で遊ばないことが話題になった。子供たちは大人の目に晒される場所を嫌がって、踊り場や建物の陰になる場所で遊ぶのだった。これは子供たちがオープンスペースをホームベースにしない摂理からなのだ。

 ・ このように住居の内外でもコミュニケーションが希薄になり、住居の内外に感情的安全が保証される空間が消えた。家族ひいては他人をノイズだと感じる若者が増えはじめた。住宅(戸建・集合)を設計する場合、こうした社会の変化を読み取らなければならない。

 ・建築はコミュニケーションを惹起し、抑制する。これから設計者は、クライアントが要求する空間がどんなコミュニケーションを触媒し得るかを説明しなければならない。設計者は、都市を、建築を、住居を、それが触媒しうるコミュニケーションとともに、提示しなければならないからだ。

 ・コミュニケーションをどのように建築に具現化させるのか、固定観念にとらわれない意欲的で刺激的な作品を期待したい。

とのこと。
(入賞作品は「新建築」2005年3月号に載るらしい。私は、家族や親しいヒトは、扉の向こうの空間にいるのではなく、細長い通路の折れ曲がった先の空間にいるのがかなりしっくりして好きです。)
スポンサーサイト

北斎漫画

北斎漫画。
(http://www.hokusai.gr.jp/mangwa/info/main-J.html

http://ugokie.diginauts.com/hokusai/flash/life-edo/hplife-edo.html)

やけに楽しいです。

シュタイナー&レンツリンガー

empty

←シュタイナー&レンツリンガー(Gerda Steiner&Jorg Lenzlinger)の「whale balance 鯨のバランス」
(ワタリウム美術館 エンプティ・ガーデン2展http://www.watarium.co.jp/exhibition/0404empty2/index.htm

オラファー・エリアソン

ロンドンのテート・モダンでオラファー・エリアソン の"The Weather Project"
http://www.tate.org.uk/modern/exhibitions/eliasson/

(建物内です)

北川原温さんの講演をきく。

先日、北川原温さんの講演をきく。
ホントにすごく面白かった。

面白かった点

・理屈ではなくて、と話されていたこと。

・設計にいたるまでの過程。
 様々なところから要素を多く集め、
 その集めた要素を一度一つの水溶液にし、
 そこから結晶をつくるかのように
 設計にしていたところ。

後、
・建築は形から逃れられないものである、と
話されていたこと。

立派な木です メタセコイア

マンションの理事会でした。

敷地内のメタセコイアが六階以上の高さになってます。
切るか残すかが問題になってます・・・

・維持費が1世帯あたり年間5000円。
・大きすぎて室生寺のように風や地震で折れてしまわないか心配。
 建物のすぐ脇にたっているのでとても根が深く張っているとは
 思えない。
・細かい葉が大量に落ちて近隣・掃除の方に迷惑をかけている。

とはいえ、立派な木で、やはり切るのは恐れ多い気がします。

聞くとマンション住民の多数がこの木に愛着があるように思えます。

遠くからもよく見えて、ビルの間から頭がでているこの木を、
わざわざ見に来る人もいます。

とりあえず今年はいつもより大量に剪定します。

お勧め物件アリマス 中銀カプセルタワー

tyuugin
今、TVで銀座の激安物件として、
中銀カプセルタワー
(←http://www.mediawars.ne.jp/~m921320/a_map/map_of_tokyo_03.htm)が賃貸に出されてた!
6.3万円だって。すごく安いよ~~

私が一人暮らしなら絶対絶対、すぐ借りるよ!
狭くたって、かなり難あっても、一度住みたいじゃないですか・・・・



プラスチック(FRPだけど)。

eames
(←ミッドセンチュリーの店にて、
イームズの椅子のオリジナルを見る。

大切にされて、磨き並べられたその姿には
薄汚れたさみしさは無く
年月を重ねた深い質感がある気がする。

絶対に崩れない建築を

地震の話

父方、母方の両祖母とも関東大震災の経験者です。
二人とも当時小学校3年生。

父方祖母・・・・
当時海に近い横浜に住む。
祖母の父親は
煉瓦造りの建物が崩れて
下敷きになって、亡くなり、
靴しか見つからなかったとのこと・・


母方祖母・・・・
当時横須賀に住む。
いきなり家が崩れて瓦礫の下敷きになり、
真っ暗に。運良く助けてもらうが、
同じく瓦礫の下敷きになり
赤ちゃんを亡くした隣家の奥さんの顔は
今でも覚えてるとのこと。

その後、
自分の写真はヒトに配り、
(地震後の火事で写真が燃えてしまうと
かなり辛い・・・)
枕もとには必ず靴を置き、
庭には貴重品を埋め、
地盤の固いところに住み、
ホテルは必ず非常口の隣の部屋に泊まります。

構成でもって、全体をひとつに突き抜けさせるのに今ひとつ消極的。

そのもの全体を突き抜ける構成を存在させることは、
強すぎて、
目障りな気がしなくもないんですが・・・

少し存在を混沌としたものにしたほうが、
ゆるくて、
留まる隙を感じるような気がします。

カレンダー

12 | 2005/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

sumiret

Author:sumiret
このブログはただの私のメモですが、
たまには誰かが共感してくれたらうれしいかも。

管理が今ひとつ出来ない為、只今コメント受け付けてません。何かあればメールにてよろしくお願いします。

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。